映画監督園子音の自伝的エッセイ「非道に生きる」の感想

公開日: : 最終更新日:2015/11/28 映画,

スポンサーリンク

芸人の水道橋博士とコンビを組んで漫才をしたりと、ジャンルレスな活動もしている映画監督の園子音。

40歳でホームレスをしていたという興味深い話もネットで目にしていたので、ブックオフで彼の「非道に生きる」が安めの値段で売られているのを目にして手に取らざるを得なかった。

園子音の映画は「ヒミズ」しかまだ見たことがない。

 

「ヒミズ」は俺の最も好きな映画の内の一つ、というわけではない。

冒頭に被害を受けて間もない被災地の映像が使われているように、震災をテーマにした作品だった。

あんま好きではなかったけど、クソ映画を量産する映画監督などよりも確実に誠実な作り手だと思う。

 

園子音の子ども時代

多くの映画人がそうであるように園子音も小さい頃から映画をよく見ていたらしい。

昔は今と違って、過激な作品もテレビでバンバン放送されていたらしいので、幼くしてそういった映画やら文学に親しんだ結果、「何で学校に服来ていかないといけないのだろう?」と疑問に思ってフル○ンで学校に行くような子どもに育った。

まぁこれは不審者のおっさんがやるのとは意味合いが違って、単純にどんな反応があるか、なぜフル○ンであるというだけで大騒ぎするのか、ということに対しての実験だったそうだ。

これは理解できる。俺も人が集まってる静かな場とかで、「今アイドルの曲を急に熱唱しだしたら、一体どうなるんだろうか?」とか考えて暇を潰すことはよくある。やらんけど。

 

好奇心で他にも多々やらかした結果、当然教師に目をつけられ家庭でも怒られ小学生にして自殺を考えるような生活だったらしい。

まぁ体罰とか今より厳しかっただろうし、実際大変だっただろうな。

○ンコ出しただけで怒られるとか意味わからん。俺は出したことないけど。

 

いちいちエピソードがイカレてる

17歳で家出して東京に行って、駅前で話かけてきた女とホテルに行ったら植木バサミを出され「これで切りあって死にましょう」と言われ、今死ぬか一緒に実家に行って自分の旦那になりすまして暮らすか選ばされ、実際にしばらく偽装旦那として一緒に暮らしたり。

飯を食うために宗教団体に入って、しばらく暮らしてそろそろ逃げるかと思って自分のアパートに戻ったら、自宅のテーブルにカミソリが置いてあったので、その宗教団体から身を隠すために左翼団体に参加したり。

 

俺も穏健そうな宗教団体に入れば飯食えたり彼女できたり就職できたりするんじゃないか、と思ったことはあるけど当然実際やりはしない。

自分の行動が悪い結果になるかもと思って抑制しがちな人は恐らく多いと思うけど、この本読んでたら大抵のことはやっても大丈夫なんだろうな、という気分になる。法を犯さないのであれば。

 

ビジネスの感覚に優れている

大学生時代に映画を撮りだして、「俺は園子音だ!」がぴあフィルムフェスティバルで入選し、その後映画を自主制作、自主配給していた時期があり、映画館に人を集めるためにいかに宣伝したか、ということが書いてある。

今でいう炎上マーケティングみたいなことをやりまくって、動員に成功し1千万以上儲けたこともあったそうな。

自主映画界隈と関わったことないけど、内輪で褒めあってて閉鎖的、みたいなイメージがある。

園子音が今売れてるのはそういう内輪じゃなくて、それ以外のところにどんどん売り込んでいった結果だろうし、それが上手かったからだろう。

 

普通に申請したら落とされるだろうからと、映画祭のフォーラム部門のディレクターに直接ビデオを送った結果「自転車吐息」がベルリン国際映画祭招待作品になるなど、大胆な行動ができるのも強みだ。

 

その他

一糸纏わぬ姿で小学校に行っていたころと同じ感覚で、何か面白そうなことをするパフォーマンス集団「東京ガガガ」を作ったり、文化庁新進芸術家の研修員としてアメリカに行きホームレスのような生活をしたりとエピソードに事欠かない。

最後の方には園子音の人生論も書いてある。要は周りに振り回されず面白いと思うことをやれと。

 

実際それを体現している園子音だから訴えかけてくるものがある。

やる気が出そうなのでニートにもオススメ。

 

とりあえず園子音の映画も「愛のむきだし」や「地獄でなぜ悪い」とか楽しめそうなところから見てみよう。

スポンサーリンク

関連記事

money-1015277_640

心屋仁之助「一生お金に困らない生き方」の感想

昨日の続き。 楽しんで節約するのはいいが金を惜しんでるだけなのはやめようと思う テレビで何度

記事を読む

candle-197248_640

岡本太郎「自分の中に毒を持て」を読んだ

  以前から気になっていた岡本太郎の「自分の中に毒を持て―あなたは”常識人間”を捨て

記事を読む

males-358751_640

7つの習慣を読んだ感想と超簡単な要約とまとめ

  世界中でベストセラーとなっている自己啓発本「7つの習慣」を読んだ。 以前そ

記事を読む

activity-316722_150

お好み焼き食べ歩きシリーズ2軒目、八昌(銀山町)~とみせかけて感染的模倣の話~

  どうもこんばんは、忍者ジローです。にんにん   失礼、ニー

記事を読む

bird-1644815_640

「この世界の片隅に」の映画を見た感想

  TBSラジオのたまむすびで町山さんや赤江さんが絶賛しているのを聞いて興味を持ち、

記事を読む

despair-513529_640

「がんばっても報われない本当の理由」の感想

またもや心屋仁之助の本である。 前回の金の本が結構久々に価値観を揺るがされたというかまぁそんな感じ

記事を読む

pry-1332305_640

無口や物静かであることになぜ劣等感を覚えるのか?

  内向型人間の時代   「内向型人間の時代」という本を読みました。

記事を読む

belly-2473_640

便秘解消・改善のために読んでおきたい腸の強化書

長年慢性的に腹の調子が芳しくないことが多かったので「100まで生きる腸の強化書」という本を読んでみた

記事を読む

university-105709_150

町山智浩さんの20世紀名作映画講義っと

こんにちは、ニュース次郎改めニート次郎です。 ブレイキング・バッドに関する記事をこの間書きまし

記事を読む

potatoes-1458569_640

「血流がすべて解決する」読めば無気力は治るのか?

  どうも、万年無気力人間です。 新庄風に言うと、今日もやる気なし男ちゃんです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

young-3155331_640
疲れやすい、体がだるいにマジで効果的だったこと

疲れやすい、体がだるい、やる気がでない、働くのが辛い、眠い、などなどが

cog-wheels-2125169_640
似非ニートが就職してから一年たった

昨年4月にIT系クソブラック企業に就職して早一年。 低賃金、長時間労

potatoes-1458569_640
「血流がすべて解決する」読めば無気力は治るのか?

  どうも、万年無気力人間です。 新庄風に言うと、今

mechanical-2033446_640
グーグルのマインドフルネス革命読んで瞑想した

  軽く要約と感想を。 瞑想ってやったらまぁ色々効果

farmer-148325_640
ニートがITブラック正社員になる日

  なんか知らんけど内定がでたようです。内定というかそ

→もっと見る

PAGE TOP ↑