7つの習慣を読んだ感想と超簡単な要約とまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/12/13

スポンサーリンク

 

世界中でベストセラーとなっている自己啓発本「7つの習慣」を読んだ。

以前その内容のごく一部について知人から聞いたことがあったため興味を持ってはいたが、本を買ったり古本を探そうというところまではいかなかった。

しかし最近kindleを購入した。俺はAmazonのプライム会員なんだけど、kindle持ってたら毎月1冊kindleオーナーズライブラリーとやらで無料で電子書籍が読める!らしくこりゃマストバイっつーことで買った。

それでまずは7つの習慣を読んでみようという運びになったわけだ。

 

10秒でわかる7つの習慣の要約

500ページ以上あるが簡単に言ってしまえば、

ちゃんと目的意識と自分の人生に責任を持って最優先事項に取り組み、お互いのためにウィンウィンになるよう意識して、人の話をちゃんと聞いて自分の話も聞いてもらって、人と協力すればスンゲェことになるで!?

ほんでそうして物事に取り組みながら常に自分を磨いていい状態に保ってたら最高やで!

っていう内容。これに説得力を持たせるために事細かく説明がなされている。

 

人は何かしらの悩みを持ち問題を抱えているが、外部から出来合いの知識やスキルを見繕って体裁をとりなしても根本的な解決にはならず、自分自身の内面、人格の成熟によって物事に働きかけていくことが必要である。

これを本書では個性主義ではなく人格主義、であったりインサイドアウト(内から外へ)のアプローチと表現している。

そういった人格を構成するのが習慣である。人格主義に基づいた習慣が7個ありますよという感じ。

 

第1の習慣 主体的である

人は外部からの刺激に常に反応している。

「雨が降っていて気分が重い」「ハゲてきて悲しい」など。

そして何かに責任をおしつけたがる。「あの人がもっと優しくしてくれたらいいのに。」といった風に。

 

しかし刺激と反応の間には選択の自由がある

重い気分も悲しさも自分が生み出している。

雨が降っていようとハゲていようと、楽しい気分でいることは可能だ。

優しくしてくれたら、というのも自分自身に何か落ち度があるかもしれないということを意識せず、

他人にその原因を見出そうとする。

 

そうではなく自分がどういう風にモノを見ているかを客観的に把握する。

そして自分自身の感情の責任を引き受けコントロールする。

それが主体的であるということ。まずこれがあって行動につなげていくと。

 

第2の習慣 終わりを思い描くことから始める

実際に何かを成し遂げるには、まずそれを頭の中で考えることが先に立つ。

適当に行動して作り上げてみて、「あっコレ違うやつやん。アカンやつやん。」とならないように、明確なビジョンをまず持つ必要がある。

そのために終わりを思い描くことから始める、というわけだ。

 

つまり人生を終える時に何を成し遂げていたいか、どのような人間であったことを望むかということを考える。

そしてミッション・ステートメントを書く。ミッション・ステートメントは個人の重要とする価値観や目標をまとめた憲法のようなものだ。

こうして目的をはっきりさせておくことで自分自身を安定させる。

 

第3の習慣 最優先事項を優先する

第1の習慣と第2の習慣をもとにして最優先事項を優先ことができる。

物事を、緊急で重要なこと、緊急ではないが重要なこと、緊急だが重要でないこと、緊急でも重要でもないこと、の4つに分ける。それぞれ第1~第4領域と呼ぶ。

このうちの第2領域にあたる緊急ではないが重要なこと、これに対して取り組む時間を作る。

例えばスキルを身につけることであったり、人との交流を広げることであったり、人に仕事を任せることだったりするだろう。

重要だが緊急ではないから手をつけにくいが、効果性の高いことだ。

 

第1~3の習慣までを実践することは「私的成功」であり、「公的成功」に関わる第4~6の習慣につながってくる。

 

第4の習慣 Win-Winを考える

Win-Winとは自分と相手がお互いに利益を得られる関係を結ぼうとすることである。

言うまでもなくどちらかが損をしたり、もしくはどちらも損をするよりもはるかに素晴らしい選択肢だ。

競争ではなく相手との協力によって、よりよい案を見つけ出そうとする姿勢である。

 

第5の習慣 まず理解に徹し、そして理解される

相手の話に対してちゃんと聞く。

自分の経験に照らし合わせて矢継早にアドバイスをするのではなく、相手の価値観が異なっていたとしても

相手に敬意を持って本当に理解しよう、と共感による傾聴を試みる。まず自分が相手を理解する。

そして自分のことも相手に理解してもらう。

 

第6の習慣 シナジーを創り出す

ここまでの習慣に取り組み相手と理想的な協力関係を結ぶことで、1+1が3やそれ以上になるような相乗効果を生む。

それを著者はシナジーを創り出すと表現している。

心を開いた人間関係は個々の人間1人では到達しえないような成果を生み出す。

 

第7の習慣 刃を研ぐ

人間を構成する肉体、精神、知的、社会・情緒の4つの側面を再新再生させる。

これらの側面について日頃から鍛え、刷新しバランスを整える。

先ほど出てきた第2領域の活動にあたる。

 

 

感想など

単純に良い本だと思った。元々自分が重要だと思ってたことがまとめて書いてあったような感じで。まぁ言ってしまえば全部当たり前っちゃ当たり前の内容ではある。でもそれを実践できる人は少ない。

この要約だと大したものには思えないかもしれないが、本は500ページぎっしり書いてあるので説得力は感じられるだろう。内容も難しいものはなくスラスラ読めるので、ページ数の割に時間はそこまでかからない。

刺激と反応の間にはスペースがある、という表現は素晴らしい。これだけでも読む価値はあるんではないだろうか。要は客観的に物事を見るということだけど、とてもしっくりくる。

ただ昨今デモしてるSEALDSや何でも韓国のせいにする人々やレイシストをしばき隊だかなんだかといった左右の極端な政治勢力を見ていると、客観視というのは実は誰にでもできるものではないのかもしれないと思えてくる。

 

ともあれこの本に書いてあることを実践できたらまぁ間違いなく悪いようにはならないだろう。

第5の習慣のところの記述なんかは親子のコミュニケーションに悩みがある人なんかも参考になるのではないだろうか。

ただこの本は精神的に安定している普通の人や、ある程度満足して生活しているがもっと向上していきたい人向けの本であって、自信がないから自己啓発本読み漁ってるようなタイプの人が読んでもあまり意味はないだろう。

自分も昔精神的にボロボロで過ごしていた時期が長かったけど、そういう状態の時って刺激と反応の間に選択の自由ないからね。もう慢性的に気分重かったり、物事に対して敏感でどうしても思考がネガティブになってしまう。

そういう状態を克服する術はこの本には書かれていない。俺も長い年月がかかった。まぁそれはまた別の話。

 

似非ニートになって好きなことやって適当に過ごして、それでも何だかんだ自分の人生はうまくいく、と根拠もなく考えて生活してたところがちょっとあったけど、結局は人生に責任をもってこの本に書いてあるようなことをコツコツやっていくしかないのだ。

というわけでこのブログも自分の第2領域の活動として続けていきたい。

スポンサーリンク

関連記事

dog-1873218_640

ジョギング入門本の感想と3ヶ月ウォーキングして感じた変化

  体力をつけて日々の生活や仕事に対応しようとここ3、4ヶ月ほど運動にできるだけ取り

記事を読む

egyptian-213669_150

書評 ゼロからでも始められるアイドル運営~素人でもでもできるっぽいっすよ~ #ゆるめるモ!

  はいどうもニョッキ次郎です。(~o~)   失礼、ニート次

記事を読む

heart-598048_640

水野愛也の「LOVE理論」で非モテは救われるか?

  ベストセラー「夢を叶えるゾウ」で知られている水野敬也が、恋愛体育教師・水野愛也と

記事を読む

belly-2473_640

便秘解消・改善のために読んでおきたい腸の強化書

長年慢性的に腹の調子が芳しくないことが多かったので「100まで生きる腸の強化書」という本を読んでみた

記事を読む

call-center-1015274_640

家入一真の本で15歳からの起業入門

家入一真の「15歳から社長になれる」を読んだ。 起業することのデメリットは少なくとも若い内なら

記事を読む

head-196541_640

「ゼロ秒思考」に至るためメモ書きくらいやろうか

基本ビジネス書とか自己啓発書はあまり興味がないので読まないけれど、大体のものがサッと読めるしブログの

記事を読む

i-flip-flap-184343_640

まんがで身につく孫子の兵法の感想

  今月のkindleオーナーライブラリーから1冊。 無料で読めるんじゃなけり

記事を読む

way-865298_640

「傷口から人生」を就活辛い人は読んだらいいかもしれん

ダサくてもいい、ひねこびてない生き方であれ! ↑この若者の置かれている現状や日本の就活制度につ

記事を読む

apple-256261_640

「新しい文章力の教科書」で文章書くための基礎固め

  ちょっと前に文章力をあげるためにやったことを書いたけど、ブログ書くスピードは相変

記事を読む

man-161430_150

君がモテれば、社会は変わる。宮台教授の<内発性>白熱教室~おっ俺非モテっぽいけど、かっ影でモテてるタイプだから~

  はいどうも!飛び石更新が続いておりますNu-metalです!(death!)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

young-3155331_640
疲れやすい、体がだるいにマジで効果的だったこと

疲れやすい、体がだるい、やる気がでない、働くのが辛い、眠い、などなどが

cog-wheels-2125169_640
似非ニートが就職してから一年たった

昨年4月にIT系クソブラック企業に就職して早一年。 低賃金、長時間労

potatoes-1458569_640
「血流がすべて解決する」読めば無気力は治るのか?

  どうも、万年無気力人間です。 新庄風に言うと、今

mechanical-2033446_640
グーグルのマインドフルネス革命読んで瞑想した

  軽く要約と感想を。 瞑想ってやったらまぁ色々効果

farmer-148325_640
ニートがITブラック正社員になる日

  なんか知らんけど内定がでたようです。内定というかそ

→もっと見る

PAGE TOP ↑