子どもが勉強しなくて成績が悪いのは親の責任

公開日: : 社会

スポンサーリンク

 

多くの親が今日も狂ったように「勉強しなさい!」と叫ぶ。日本中どこでも見られる日常の光景。

親という生物は5秒に1回はこの言葉を唱えないと死んでしまう病にかかっているかのようだ。

しかし、この言葉が効力を持っているとは露ほども思えない。労力だけを失う、なんら生産性のないこの行為に勤しむ親たちの姿を見ているとため息が出る。

叫んでいる暇があったらどうすれば子どもが勉強するのかを少しは考えたらどうかね?

「勉強しろ!」と叫ぶのは親自身の責任を子どもに押しつけているに過ぎない。

 

ニート次郎のケース

俺は中学受験をした。人生で最も勉強した日々だったと記憶している。公立でいいと思っていたのだが、親に強制的に塾に入れられ受験する運びとなった。

小6くらいになると家では漫画やゲームは制限というか禁止になり、テレビもあまり見せない方針だったと思う。むしろ勉強が簡単であったり友達と遊べる小学校が毎日楽しみになるくらい勉強漬けだった。

そんな時間を過ごし、一応志望校には合格した。

 

だが反動で中学以降一切勉強しなくなった。一度タガが外れると止まらない。成績がいくら下降しようと勉強しなかった。

さらにある悩みを抱えることになり、余計勉強などしている余裕はなくなった。親はそれに対して「勉強しろ!」「勉強しなさい!」と事あるごとに説教をした。

もちろん無意味だった。良い親ではあるが俺への勉強するということに対しての働きかけは非常にお粗末なものだった。

 

勉強しない理由

子どもは勉強するべきなのはわかっていてもどう勉強したらいいのかわからない、という場合が多いだろう。

そりゃ子どもだって成績良い方が怒られずに済むし、気分がいいのだから成績が良いに越したことはない。

だがどう勉強したらいいかわからないからなかなか手がつかない。勉強しても楽しくない。ならば勉強しなければいいじゃないか。合理的だ。

 

子どもには勉強しない理由がある。集中できない理由がある。勉強させたいならばその理由を考え、子どもが抱えている問題を解消すればいい。

それをすることなしに壊れたオモチャのように「勉強しろ!」と叫ぶことを繰り返すのは、ハッキリ言ってアホである。

成績が悪いから勉強するべきだ、と説教するのはわかりきった事実を認定しているだけであってなんの解決策にもならない。エネルギーの浪費以外の何物でもない。

説教が終わり、また次のテストが行われ成績が明らかになる時期が来るといつものように親が怒る。

この無限ループに何か意味があるのだろうか。

 

親が色々教えたらええやん

子どもの成績が上がらないのは親が解決策を考え実行する責任を放棄しているからだ。

何も手取り足取り勉強を教えないといけないというわけではない。どのように勉強していけばいいか、その道筋をつけてやればいい。

効率の良い勉強法の本や情報なんて探せばいくらでもある。いくつか見繕ってそれを子ども相手にわかるようにかみ砕いて説明してもいいし、子どもに読ませてもいいだろう。

子どもが自分自身でどう勉強していけばいいかわからない段階では、親が調べてそれを提示するべきだ。義務教育の内に子供に勉強を身につけさせれば、お互い煩わされずに済むだろう。

 

何も手をかけなくても自主的に勉強していくことができる子どもなら放置でも問題ないが、大抵の子どもはそうではない。

「勉強しろ!」という言葉は自身の怠慢を子どもに押しつけ、子どもの自主性に甘えようとしている。

経験ではるかに上回る”大人”ならば上手く導くことができるはずなのだが。いかに愚かしいことをしているか反省すべきだろう。

 

といったようなことを以下のものを読んで思ったんだよね。

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話[文庫特別版] (角川文庫)

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 (一般書)

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

 

まぁ上の2つは書籍じゃなくてStorys.jpに掲載されてたのを読んだんだけどね。

ビリギャル読んでてすごく自分に近いものを感じたんだよね。ビリギャルほどアホな状態ではなかったけど。

今の自分から見れば昔の自分はとても愚かだった。周りの人の働きかけとか環境で人間って変わるものなのよ。

親にはよく考えてほしいんだよね。子どもにどう働きかけるかってことを。子どもは親の影響から逃れられないからね。

 

子どもの成績上げたかったらどうすればいいか良く考えたらどうかな。何で勉強する必要があるかっていうことも子どもとちゃんと話し合う必要があると思うよ。

手垢まみれの「いい大学に入っていい会社に~」なんて表現じゃ大抵納得できないよ。

それは親の価値観の押しつけでしかないから。

 

まぁ結局言いたいのは勉強させたいなら親たちこそ

「勉強しなさい!」

ってことさ。

スポンサーリンク

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

young-3155331_640
疲れやすい、体がだるいにマジで効果的だったこと

疲れやすい、体がだるい、やる気がでない、働くのが辛い、眠い、などなどが

cog-wheels-2125169_640
似非ニートが就職してから一年たった

昨年4月にIT系クソブラック企業に就職して早一年。 低賃金、長時間労

potatoes-1458569_640
「血流がすべて解決する」読めば無気力は治るのか?

  どうも、万年無気力人間です。 新庄風に言うと、今

mechanical-2033446_640
グーグルのマインドフルネス革命読んで瞑想した

  軽く要約と感想を。 瞑想ってやったらまぁ色々効果

farmer-148325_640
ニートがITブラック正社員になる日

  なんか知らんけど内定がでたようです。内定というかそ

→もっと見る

PAGE TOP ↑