水野愛也の「LOVE理論」で非モテは救われるか?

公開日: : 最終更新日:2016/05/24 恋愛,

スポンサーリンク

 

ベストセラー「夢を叶えるゾウ」で知られている水野敬也が、恋愛体育教師・水野愛也としてモテない男性を生まれ変わらせるために熱弁を振るうのがLOVE理論だ。
自身顔にコンプレックスがありモテなかったという水野愛也が恋愛指南本を200冊以上読み、編み出した恋愛の極意がまとめられている。平易な言葉でわかりやすく、ユーモアと共に語られる。
いくつか見てみよう。

 

 

うわっつらKINDNESS理論

女は優しい人が好きだというアンケート結果がある。
水野はその優しいとは表面上のやさしさだと言う。要するにデートで飲み物がなくなっていれば「何か頼む?」と聞くことであったり、すぐに店員を呼びつけたり重い荷物を率先して持つといった単純なこと。
女がわがままな場合に相手のことを考えてあえて説教をするような内面の優しさではなく、心はどうあれ具体的に行動することで示すことができる優しさ、それがうわっつらKINDNESS。

誰でもすぐ実践できるしやればとりあえず点数が稼げるのだからやるにこしたことはない。

 

自虐ギレ理論

人間誰しもコンプレックスの一つや二つはあろう。
水野は顔がスケート選手の清水宏保に似ておりよく言われるらしい。その際スケートのスタートポーズをとりながら「誰が清水じゃ!」とキレる。
コンプレックスをギャグに変え笑いを取りつつ、キレ口調で強気の姿勢を示す。
自虐をしても卑屈にならないこと。
これを各人それぞれ応用して使うというのが自虐ギレ理論。

 

大変じゃない?理論

大人の営みに持ち込むためには女を酔わせることが肝心。
その際飲め飲めと無理にすすめると女も警戒してしまう。
安心して飲んでもらうためには相手の愚痴を吐き出させ、不満を解消して楽しく美味い酒の席にする必要がある。

その愚痴を引き出す一言が、「大変じゃない?」
「仕事何やってるの?」
「アイドル。」
「そうなんだ。それってめっちゃ大変じゃない?」
「そー!ほんとオタクってキモいしやってらんないのグビグビ」

といった感じだ。

「仕事何やってるの?」
「アイドル。」
「へーすごいね。」
「ファンの人優しいしめっちゃ楽しいよ。」
「なるほどね。でもアイドルって意外と大変じゃない?」
「そうなの!運営の人がめんどくさくってグビグビ」

と言う風に大変ではなさそうな場合も応用できる便利な言葉だ。
そしてもう一つ「頑張ってるね。」。
女性の愚痴に対してアドバイスをしたがるのが男という生き物だが、そんなものは必要なく「頑張ってるね」とねぎらうだけでいいと水野は言う。

確かに気持ちよくなって飲んでくれそうだ。

 

エジソン理論

恋愛は相手の好みがあってそれに自分を何とか合わせる努力をしなければならない場合が多い。
なかなかうまくいかず挫折をすることも少なくないが、発明王エジソンのように何度失敗しようとも諦めず色々な方法を試すこと。
非モテはすぐ諦めがちである。
考え得る全ての方法を試す。その大切さを説くのがエジソン理論だ。

 

以上の3つ(エジソン理論を除いて)は恋愛において世界地図で見る5大陸のように多くの部分を占めることから恋愛5大陸理論と呼ばれる主要な理論の一部だ。

他にもイメチェンする場合に知人からの批判を避けるためにあらかじめイメチェンすることを周知しておく「デビュー理論」や、ファッションは自分より他人が見るものなので他人に選んでもらうという「ファッションまぐろ理論」など合理的なものが多い。

 

だがこれで非モテが救われるだろうか?

この本は確かに内容は理に適っているが、ある程度コミュニケーションがとれるという前提がなければ活用できない。
俺のような業界トップの人見知りには出会いがあって会話したとしても仲良くなることがエベレストに登ることのように難しい。
これは異性のみならず同性でもそうだ。

大学で仲良くなって今も連絡をとったり、会って話をするレベルで仲が良いのは一人しかいない。
あと仲が良い友人は中学高校と一緒だった奴らで、年を取るほど人と仲良くなるのが難しくなっている。
合コンにすら行けないのだ。

ただ一つこれはなんとかできそうだと思ったものがある。
それが「恋愛保証人理論」だ。
これには一見問題はないのに女性に声をかけられない男性をどうにかするため、水野がユーモア溢れる手紙を書いて女性に渡させたという実話があり、実際に女性からメールが来たという実績がある。

水野の用意した定型文を女性に渡すことで、たとえメールが返ってこなくてもその理由を水野のせいにできるというスグレモノだ。

「恋愛保証人理論」について書かれた部分を読んでいて、普通にメールアドレス渡すなんて恥ずかしいがギャグ度の高い文章ならそんなに恥ずかしくなさそうだなと思った。頭おかしい文章考えるのは割と得意だし。
アドレスを渡す気恥ずかしさより相手を笑わせてやるというサービス精神に力点をおけばなんとかなりそう。
機会があったらやってみたい。定型文には頼らずに。

 

まぁそんな感じで極度のコミュ障や人見知りでなければうまく使えるものはある。
俺はまずコミュ障をどうにかするために全力を注いだほうが良さそうだ。

別に恋愛どうこう関係なく彼の文章は非常に面白いので男女問わず読んだらいいと思います。

スポンサーリンク

関連記事

running-498257_640

「脳を鍛えるには運動しかない」の要約と感想まとめ

自分がフィードに登録して定期的に読んでるブログで「脳を鍛えるには運動しかない」について紹介しているも

記事を読む

males-358751_640

7つの習慣を読んだ感想と超簡単な要約とまとめ

  世界中でベストセラーとなっている自己啓発本「7つの習慣」を読んだ。 以前そ

記事を読む

money-1015277_640

心屋仁之助「一生お金に困らない生き方」の感想

昨日の続き。 楽しんで節約するのはいいが金を惜しんでるだけなのはやめようと思う テレビで何度

記事を読む

sputnik-155483_640

スプツニ子の本「はみだす力」を読んだ感想

就活の相談してた時に知り合いに薦められて読みました。 スプツニ子氏についてはtwitterで彼

記事を読む

pry-1332305_640

無口や物静かであることになぜ劣等感を覚えるのか?

  内向型人間の時代   「内向型人間の時代」という本を読みました。

記事を読む

egyptian-213669_150

書評 ゼロからでも始められるアイドル運営~素人でもでもできるっぽいっすよ~ #ゆるめるモ!

  はいどうもニョッキ次郎です。(~o~)   失礼、ニート次

記事を読む

old-people-1553347_640

「20代で隠居」の感想、割と理想的だなと

タイトルの通りだけどどこかのブログで見かけて面白そうだったので、20代にして週休5日の隠居生活を送っ

記事を読む

call-center-1015274_640

家入一真の本で15歳からの起業入門

家入一真の「15歳から社長になれる」を読んだ。 起業することのデメリットは少なくとも若い内なら

記事を読む

apple-256261_640

「新しい文章力の教科書」で文章書くための基礎固め

  ちょっと前に文章力をあげるためにやったことを書いたけど、ブログ書くスピードは相変

記事を読む

beautiful-day-1388544_640

スタンフォードの自分を変える教室の内容まとめた要約と感想

自己管理について科学的に実証されてるアプローチが知りたかったので「スタンフォードの自分を変える教室」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

young-3155331_640
疲れやすい、体がだるいにマジで効果的だったこと

疲れやすい、体がだるい、やる気がでない、働くのが辛い、眠い、などなどが

cog-wheels-2125169_640
似非ニートが就職してから一年たった

昨年4月にIT系クソブラック企業に就職して早一年。 低賃金、長時間労

potatoes-1458569_640
「血流がすべて解決する」読めば無気力は治るのか?

  どうも、万年無気力人間です。 新庄風に言うと、今

mechanical-2033446_640
グーグルのマインドフルネス革命読んで瞑想した

  軽く要約と感想を。 瞑想ってやったらまぁ色々効果

farmer-148325_640
ニートがITブラック正社員になる日

  なんか知らんけど内定がでたようです。内定というかそ

→もっと見る

PAGE TOP ↑